ドーム祭典 HOMEへ
  • ドーム祭典とは
  • プログラム
  • アクセス
  • 協賛一覧
  • お問い合わせ
2009/11/20
3000人合唱推進ニュース第13号のニュースが発行されましたので、アップします。


3000人合唱推進ニュース第13号



3000人大合唱企画大成功!3000人の心が一つに!

みなさん、ドーム祭典本当にお疲れ様でした。見て下さい、埋め尽くされた外野スタンドを!レフトスタンドもライトスタンドも、多くの生徒・保護者・市民・教師で埋め尽くされ、3000人合唱企画は、見事大成功でした。雨森先生と白鳥先生の、合唱直前の呼びかけ、しびれましたね!一気に会場全体のボルテージが上がりました。また、当日のブラスバンドとオーケストラの生演奏、本当に迫力ありましたね!そして、それ以上に熱い3000人の大合唱が、ナゴヤドーム全体に響き渡りました。前日のリハーサルまでドキドキでしたが、当日は、ブラス・オケ・合唱が見事一体となって、心一つに演奏・合唱することができました。
 思えば、夏休みに行われたサマーセミナーが出発でした。サマーセミナーでの練習会は、2日間で50名そこそこ。そこから、数々の中央練習会や地域練習会を経て、1000名、2000名と参加予定者が増え、最後には外野スタンドを埋め尽くすほどの大人数で合唱することができました。外野スタンドが埋め尽くされているのを見たとき、そして、3000人合唱が始まったとき、思わず涙が出てきました。きっと、皆さんの多くも、「あ〜、やってよかった!」「これはすごい!」と思ったことでしょう。
 常に魂を込めた指揮・指導をしてくださった雨森先生も、「昨日(15日)は合唱はもちろんのことオケ、ブラスも本当に熱演して下さり、私も胸が熱くなりました。私の一生の記憶に残るステージとなりました。」との感想を送って下さいました。雨森先生の合唱への熱い想いとこだわりが、合唱隊のみならず演奏者にも伝わり、心を震わす最高のステージができあがったのだと思います。雨森先生、本当にありがとうございました!















この景色を見るために私は(みんなは)がんばってきたのだ

今回の企画は、白鳥先生と、光ヶ丘女子高等学校合唱部の皆さんを始め、本当に多くの皆さんのお陰で、成功させることができました。光ヶ丘合唱部の皆さんは、「YELL」も歌う合唱隊がスムーズにステージに立てるように、前日準備の日から当日まで、場ミリをしたり、説明・誘導の方法を考えたりと大活躍でした。
 また、外野スタンドと野外では、父母懇のみなさんと先生方が、3000人を見事に誘導し、立ち位置の調整をして下さいました。リハーサルで指揮者が見えないと問題が発生すると、素早く聖霊の坂本先生と弥富の向山先生が、それぞれのスタンドで指揮をすることを決めて下さいました。フィナーレでは、ブラスとオケのリズムが合わずどうなることと思いましたが、愛知の小崎先生を中心として素早く解決策を考え、当日は安城の吉見先生が難しい状況ながら見事に指揮をして下さり、会場全体が一体となったフィナーレを演出することができました。
 そして忘れてはいけないのが、それぞれの学園・地域・団体で練習を積み重ねて下さったみなさんです。3000人が揃って練習することは物理的に難しく、当日の一発勝負であったのにも関わらず、迫力ある合唱と振り付けができたのは、みなさんが、この景色を見るために、それぞれで工夫を凝らして頑張ってくださったおかげです。3000人合唱企画に関わってくださったすべての皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。

2009/11/16
11月15日(日)ドーム祭典2009がナゴヤドームにて開催されました。

ダンスインドーム、3000人合唱、2000人太鼓、そして、総合芸術から式典等々、メインステージで行われた演目は全て大成功でした。そして、郷ひろみコンサートにも続々と人がおしよせ、ドームがほぼ満杯に。終日、ナゴヤドームは人だかりで溢れる一日となりました。

参加者数の正式発表は以下の通りです。

総参加者数 のべ9万人
式典参加  4万人
企画参加  1万人
登壇した県会議員 60名


ドーム祭典の開催にご尽力いただいた方々、ご協賛いただいた方々へ、実行委員会一同、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。
2009/11/12
3000人合唱推進ニュース第12号のニュースが発行されましたので、アップします。


3000人合唱推進ニュース第12号



いよいよドーム祭典本番!3000人の心を一つに!

 いよいよ「ドーム祭典」が4日後に迫ってきました!7月のサマーセミナーから練習を始め、9月から11月にかけては、4回の中央練習会を行いました。雨森先生と白鳥先生による中央練習会は本当に楽しかったですね!また、それぞれの学校や地域でも練習に取り組み、11月15日のこの1日のために、3000人のみなさんが一生懸命練習してきました。
 あとは、14日のリハーサルと15日の本番を残すのみとなりました。言葉に魂のこもった、3000人の心が一つとなった熱い合唱で、ドーム全体を感動の渦に巻き込みましょう!そのためにも、何度も何度も歌詞を読んだり、歌ってみたりと、一人ひとりが悔いの残らないよう、残りの4日間を過ごしてもらえればと思います。ドーム祭典楽しみましょう!
2009/11/11
郷ひろみ特別コンサートについて、引き続き、多数のお問い合わせを受けておりますので、再掲します。

1)座席は基本自由席です。
 座席指定についてのお問い合わせを受けますが、基本的に座席は自由席、先着順です。席数は多数ありますので、一杯になって入れなくなることはありませんので、当日、会場にて協力券をお求めいただいても入場は可能です。

2)一部の追加する席のみ座席指定の整理券を配付します。
 2000人太鼓等の企画の終了後、踊りや太鼓でつかっていたスペースに、郷ひろみコンサート用の座席をつくります。それらの追加設置する席のみ、混乱をさけるため整理券を発行します。

● 郷ひろみ特別コンサート座席整理券配付方法

15日(日)午前9時から、オープンデッキ(ナゴヤドーム周りの広いスペース)の2番ゲート前の特設配付所にて座席整理券を配付します。こちらの席は指定席となります。特別な料金は特にありません。運営協力券をお持ち下さい。(会場にてもお求めいただけます)用意した席(約1300席程度・予定)が無くなり次第終了します。並んでいただいた一人さま一枚です。

3)スペシャルコンサートの時間
コンサートは16時頃から開始し、17時30分頃終了となります。但し、コンサートのみの参加は、教育祭典の趣旨をご理解いただき、できるだけ式典等のメイン企画からご参加いただくようお願い申し上げます。
2009/11/05
3000人合唱推進ニュース第11号のニュースが発行されましたので、アップします。


3000人合唱推進ニュース第11号



音楽の向う方向を、心を一つにしたい! 第4回中央練習会

11月3日(火・祝)に南山学園講堂で行われた第4回中央練習会には、最後の中央練習会でしかも、雨森先生の練習会ということもあり、約600名の参加がありました。
雨森先生のご指導は、「(一つ一つの言葉が)みなさんがちょっと色を加えるだけで全然変わる。真っ白なキャンパスに3000人が色を塗る。」「すべての言葉に想いを入れて」との言葉からも分かるように、「言葉」をとても大切にしています。
例えば、「手紙」には、「拝啓」という言葉が三回出てきます。最初の「拝啓」は「きっと悩んでいるだろうあなたに向けて心の扉を開くように」、2回目の「拝啓」は「人生の先輩として、優しい気持ちで愛を込めて」、3回目の「拝啓」は「あたたかく穏やかに」というように、どの「拝啓」にも込められる気持ちが違います。そして驚くことに、雨森先生が、歌詞に込められた想いを一つ一つ伝えて下さる前後では、皆さんの歌い方が全く違っていました。きっと、一緒に練習された皆さんも、言葉に想いが込められた瞬間を何度も感じたことでしょう。
また、特にこだわって歌ってほしいところは、「手紙」の「Keep on beliveng」の部分の「ラッラッラッァ」です。アンジェラ・アキさんのように、自分の全てをぶつけて、息を全て吐き出すように歌いましょう。
他の2曲についても、「こう歌ってほしい」というところがたくさんあります。そこで、練習会に参加された皆さんにお願いです。練習会に参加できなかった皆さんに、「ここはもっと心を込めて」等、特に大切に歌ってほしいところを伝えて下さい。3000人の音楽の向う方向を少しでもそろえ、心が一つになる瞬間を楽しみながら、そして、聴き手の心に言葉の一つ一つが届くような合唱にしましょう!
そして午後からは、白川公園に場所を移し、白川公園のステージで「手紙」と「翼をください」を披露しました。弥富高校の向山先生の指揮のもと、身体が震えあがるような寒さを感じさせない熱い合唱が、白川公園に響き渡りました。
 いよいよ15日はナゴヤドームでの発表です。どんな合唱が出来上がるのか、とても楽しみですね!

<感想>
・今日、本当に来てよかったと心から思いました。うちのクラスは合唱コンクールで「YELL」を歌うんですが、3年生なのでインフルエンザ対策のため、クラスの2人しか連れてこれませんでしたが、全員来てほしかった!!雨森先生の合唱指導に感動した!!こんなに合唱が楽しいと思ったことはありません。音楽って合唱ってすばらしい!!!(光ヶ丘 教師)
・雨森先生のご指導により歌える機会があり幸せです。30年以上にわたる合唱生活で、久々の楽しい大合唱です。若い人と一緒に歌えるのもまた楽しい!興奮して年甲斐もない声を出しても叱られることもないし・・・。本番も楽しみにしています。よろしくお願いします。中高生のコーラス部の皆さんを見ていると、自分の○○年前を思い出します。私も学校のコーラスだけでなく、大人のベテランの方で一緒に歌うのが、今思えば音作りハーモニー造りの勉強になったなーと。また、それぞれの曲、詞を一つ一つ噛みしめて言葉の意味を感じながら歌うと、知らぬ間にたくさんの詩を読みこんで、(語弊はあるけど)国語の勉強になりますよね。(滝中 父母)
・のびのびと歌うことができてとても楽しかったです!!!歌を歌うことがさらに好きになりました。合唱コンクールや音楽の授業でも今日のように楽しみながら歌いたいなと思います。(光ヶ丘 生徒)
2009/11/02
ナゴヤドーム祭典実施のため、地下鉄が臨時に増発されます。

11:15〜13:20 9本
14:55〜16:22 9本
17:25〜18:52 9本

会場内、付近の駐車場は限られているため、ぜひ地下鉄をご利用ください。

また、当日は日曜日のため、ぜひ「ドニチエコ切符」がお得です。混雑を避けることにもなりますので、ぜひご利用下さい。
2009/11/01
郷ひろみ特別コンサートについて、多数のお問い合わせを受けております。

特に、座席指定についてのお問い合わせを受けますが、基本的に座席は自由席、先着順です。

但し、2000人太鼓等の企画の終了後、踊りや太鼓のスペースに郷ひろみコンサート用の座席をつくります。

それら後に追加する席のみ、整理券を発行します。

● 郷ひろみ特別コンサート座席整理券配付方法

午前9時から、オープンデッキ(ナゴヤドーム周りの広いスペース)の所定の場所にて座席整理券を発行します。こちらの席は指定席となります。特別な料金は特にありません。

運営協力券をお持ち下さい。用意した席(約1000席程度)が無くなり次第終了します。

一人さま一枚です。

ご希望の方は、ご利用ください。
2009/10/31
3000人合唱推進ニュース第10号のニュースが発行されましたので、アップします。


3000人合唱推進ニュース第10号



いよいよ大詰め!雨森先生による最後の練習会!
11月3日(火・祝) 第4回中央練習会in南山


ついに中央練習会も11月3日の最後の1回を残すのみとなりました。この日は、午前中は南山学園の講堂で、雨森先生による練習会で、午後からは白川公園に場所を移し、「ドーム祭典前夜祭」でのステージ発表を行います。
 最後の中央練習会は、前回同様、雨森先生が指揮をし、白鳥先生が伴奏をしてくださいます。雨森先生の指揮で歌える本番前最後の機会でもあります。この日の練習に参加できる人が多ければ多いほど、3000人合唱の成功に近づきます。魂が込められることでしょう。感動すること間違いなしの最後の中央練習会に、万難を排してのご参加をよろしくお願いします!

<11月3日(午前中)の詳細>

 9:00〜10:00  総合芸術「YELL」の練習
10:00〜12:00  3000人大合唱企画
「手紙」「夢をあきらめないで」「翼をください」の練習
フィナーレ企画   「WAになって踊ろう」の練習
場 所:南山学園講堂(地下鉄「いりなか」駅下車 徒歩5分)
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用下さい。
持ち物:楽譜、筆記用具、元気、笑顔 、大きな声、(昼食)
※練習会初参加の方には、楽譜、練習用CD・DVD(数に限りあり)をお配りします。
2009/10/24
3000人合唱推進ニュース第8号、9号のニュースが発行されましたので、アップします。


3000人合唱推進ニュース第8号
3000人合唱推進ニュース第9号

雨森先生の練習会ということもあり、約500名の参加がありました。
「YELL」の練習では、新型インフルエンザの影響もあり、公立中学の皆さんが出席できず、若干寂しい状況ではありましたが、それを感じさせないほどパワフルな雨森先生のご指導に、参加した皆さんの顔は紅潮しっ放しでした。
今回の練習会で特に感じられたことは、「言葉に魂を込める」ということです。どの曲にも、作詞した人の強い想いがあります。雨森先生のご指導は、一つひとつの言葉にこだわり、気持ちを入れて歌うというものでした。「いい声で歌う」ことよりも、「気持ちを込めて歌う」ということの方が大切だと、何度もおっしゃっていました。実はこれは、白鳥先生がおっしゃっていた、「心を合わせる」ということとも繋がっています。3000 人の一人ひとりが心を合わせ、一つひとつの言葉にこだわって歌ったとき、いったいどんな合唱が生まれるのか、考えるだけでもゾクゾクしますね!本当に楽しみです。
練習後の雨森先生との会話の中で、次回の練習までに、「歌詞を覚えて、なるべく楽譜を見ずに歌えるようになっていてほしい」とのお言葉をいただきました。練習に出た方は分かる思いますが、雨森先生の指揮は、歌詞(言葉)から伝わる魂がそのまま乗り移ったような指揮ですよね。歌詞さえ覚えていれば、先生の指揮が言葉に魂を入れるタイミングを教えてくれます。ぜひ、次回(11 月3 日)の練習では、常に雨森先生の指揮を見て歌うことができるよう、暗譜に心がけて下さい。
今回は、「翼をください」の振り付けが最後の一回しかできませんでしたが、予想以上のみなさんの出来栄えにびっくりしました。DVD等で練習されている成果だと思います。引き続き、ステップ・振り付けの練習もよろしくお願いします。
また、練習の最後に、太鼓・合唱・群舞を一通り通してみましたが、どの企画も本当に凄かったですね!当日はどの企画も、参加者が何倍にもなります。想像もできないぐらいのパフォーマンスが、ナゴヤドームで繰り広げられることでしょう。
また、フィナーレで歌う「WA になって踊ろう」は、参加者全員で行います。ブラスの演奏に合わせて、歌あり、踊りありの、みんながのりのりのすごいフィナーレになりそうです。繰り返しの部分等の練習が難しいですが、まずは、一通り歌えるよう練習しておきましょう。

【参加者の感想】

・雨森先生の『言葉』に心をのせて歌う指導に感動しました。途中ちょっとウルウルしちゃいそうになりました。ドームでの本番楽しみです。(日福父母)
・とにかく楽しかったです。雨森先生が、こんなにステキな方だなんて、おもいませんでした。学園の他の父母に伝えますね!(聖カピ父母)
・今日、初めての参加ですが、とても感情を入れるところをしっかり聞いて歌うと、とても分かりやすく歌えました。十分一日楽しめました。当日、がんばれるよう練習しなくては。(名大谷父母)
・楽しかったです。雨森先生の指導が分かり易かったです。太鼓も群舞もすごいです。15 日が楽しみです。(栄徳父母)
・合同練習は初めてでしたが、とても楽しく、練習、歌うことができました。少し不安でしたが、自信を持って歌えるかな?という気持ちを持てました。当日が楽しみです。ご指導ありがとうございました。(名東B 父母)
・こんなに楽しい合唱の練習は初めて!!(市民)
・合唱やってて良かったと心から思いました。(ハーモニー正保市民)
2009/10/15
2000人太鼓
花まつり志多ら舞通信の4号が発行されました。こちらからダウンロードしてください。

花まつり志多ら舞通信4号


花まつり志多ら舞の練習スタート
〜誰でも参加できて、極めるには奥が深い〜

サマーセミナーから先行してスタートした和太鼓「楽」の練習に続いて、10月3日からいよいよ花まつり志多ら舞の練習も始まりました。
覚えるステップは3つ〜ステージ前の渦に合流なら1つだけ〜
花まつり志多ら舞で覚えるステップは「基本ステップ」「とってんばってん」「鬼の舞」の3種類です。演奏途中のメインステージ前での渦に合流する場合なら「基本ステップ」だけでも参加可能です。
基本ステップは下の写真にあるように、扇子やうちわを持って左腕を伸ばした状態と、左足を出して地面を踏みしめる2つの動作を繰り返します。左手に持つものは扇子やうちわ、鳴子などいろいろあってよくて、「教育に公平を」ステッカーを貼ったうちわもOKです。
体を伸ばす、縮むというたった2つの動作なのですが、実際にやってみると、これがなかなか思い描くようには体が動いてくれません。
軽やかにメリハリをつけた基本ステップを目指すには、何度か筋肉痛になることを覚悟する必要があるかもしれません。花まつり志多ら舞は誰でも参加できる間口の広いものですが、こだわりをもって
練習に臨むならそれに応えてくれる奥の深さもあります。

続きはPDFをご覧ください。

ページナビゲーション

(1) 2 3 »